乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬と痒疹の違いは何ですか?

 

乾癬は、皮膚に湿疹ができる病気です。

 

他の皮膚疾患の中にも湿疹ができる病気はたくさんありますが、そのようなものの中に痒疹があります。

 

この痒疹と乾癬との違いは、どのようなところなのでしょうか?

 

まずは、どのような湿疹ができるのかと言うところが違います。

 

乾癬の場合には、皮膚が赤く盛り上がり、それが白っぽい鱗屑で覆われると言う湿疹ができるのが特徴です。

 

それに対して痒疹の場合には、結節や丘疹が見られます。

 

結節や丘疹と言うのは、湿疹の種類のことなのですが、結節は直径1cm以上のもので、丘疹は直径1cm以下のものを言います。

 

わかりやすく言うと、丘疹は、蚊に刺された後に皮膚がぷちっとなりますよね。

 

あのような感じの湿疹です。

 

ですから、見た目的には、ボコボコとした感じの湿疹ができると言うことになります。

 

乾癬の湿疹のように、鱗屑や落屑などは見られません。

 

そして、痒疹の湿疹は、非常に強いかゆみを伴うのが特徴です。

 

乾癬でできる湿疹は、かゆみを感じる方もいれば全くかゆみを感じない方もいるので、その点では大きな違いがあると言えます。

 

また、痒疹の場合は、原因としては虫刺されがもととなっていたり、アレルギー性の皮膚炎が原因となっている場合が多いです。

 

重症のアトピー患者さんなどには、この痒疹が見られることがよくあります。

 

治療は乾癬と同じステロイド外用薬や紫外線療法を行うなどの他に、液体窒素を用いた凍結療法なども行われます。

 


値動き