乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬と脂漏性皮膚炎の違いは何ですか?

 

乾癬と言う病気は、皮膚の疾患です。

 

ご存知のように皮膚の疾患と言っても、乾癬以外の病気もたくさんありますが、実はその中には、乾癬の症状と似ている症状が出てしまう皮膚疾患がいくつかあります。

 

そのような病気の一つに、脂漏性湿疹と言う病気があります。

 

この病気は、頭皮や顔などに、フケのようなものが出る病気です。

 

白いかさかさのものが剥がれ落ちる落屑と言う症状が見られるので、尋常性乾癬の症状とよく似ています。

 

症状が似ているために、脂漏性湿疹と診断されて、長い間通院していたが、実は乾癬だったなどという事もあるそうです。

 

しかし、症状が似ているとは言っても、病気としては全くの別物です。

 

脂漏性湿疹と乾癬との違いはいくつかありますが、まずは原因となっているものが根本的に違います。

 

脂漏性湿疹の原因は、皮膚にある皮脂を分泌する皮脂腺の出口から毛穴にかけて存在する、マラセチアと言う真菌(カビ)の一種であると考えられています。

 

マラセチアは炎症を起こしやすくする作用が高い物質なので、これが増えることによって、皮膚の炎症を引き起こしているということです。

 

また、乾癬では、肘や膝、頭皮など、外部からの刺激を受けやすい部分に皮疹ができやすいのが特徴ですが、脂漏性湿疹の方は、皮脂の分泌が盛んな部位に出やすくなっています。

 

治療に関しても、脂漏性湿疹の場合には、ステロイドなどの抗炎症剤の他に、抗真菌薬が効果を発揮すると言われています。

 


値動き