乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬とアトピー性皮膚炎の違いは何ですか?

 

乾癬の症状と似ている他の皮膚疾患はいくつかありますが、中でもよく間違われやすく、また患者さん本人も勘違いしてしまいがちな病気が、アトピー性皮膚炎と言う病気です。

 

アトピーは、年々増え続けていて、実際に悩まされているという方や、身近にアトピーの人がいるという方も少なくはないので、乾癬という病気よりも、ご存知の方はたくさんいることでしょう。

 

この二つの病気は、両方とも体質に関係する病気で、免疫反応に異常が起きると言う点で似ていると言えます。

 

また、皮膚に湿疹ができ、良くなっても再発を繰り返す慢性的な病気である点も共通しています。

 

しかし、この二つの病気にも違いがあります。

 

まず、アトピーでは、強いかゆみがあるのに対して、乾癬の場合には、かゆみを感じる方もいれば全くかゆみは感じない方もいると言うことです。

 

さらに湿疹ができやすい部位も異なります。

 

乾癬では肘や膝、頭皮などの外部からの刺激を受けやすい部位が、湿疹のできやすい部位です。

 

これに対してアトピーの場合には、体の中でも柔らかい部分にできやすいと言われています。

 

そして、乾癬の場合には、湿疹は左右で非対称であり、アトピーの場合には、左右対称にできることが多くなっています。

 

また、幼い子の乾癬の場合には、鱗屑のでき方がそれほど強くはないため、アトピーと乾癬を見分けるのが難しい場合がありますが、患部の皮膚を検査することで見分けがつきます。

 


値動き