乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の人は献血できますか?

 

献血をしに行ったことがある方は、たくさんいることと思います。

 

中には趣味のようになっていて、定期的に通っていると言う方もいるでしょう。

 

そのような熱心に献血をしている方が乾癬にかかってしまった場合、乾癬の人は献血できるか疑問に思ってしまうこともあるでしょう。

 

結論を言いますと、残念ながら乾癬患者さんは献血をすることができません。

 

行ったとしても断られてしまいます。

 

このことによって、血液感染をする病気でもないのに悲しい思いをしたとか、自分を否定されているような気がしたなど、不快な思いをしたことがある方も少なくありません。

 

確かに乾癬は肝炎などのように、血液を介して感染するような病気ではありませんので、そのように感じてしまうのも無理はないかもしれません。

 

しかし、献血を断られてしまうのは、決して不当な差別を受けているわけではありませんので、誤解しないでください。

 

それには、ちゃんとした理由があってのことなのです。

 

その理由とは、乾癬治療に使われる薬にあります。

 

全ての患者さんではありませんが、患者さんの中には内服薬として、チガソンと言う薬を飲んでいる方がいます。

 

この薬には、胎児に奇形を促してしまう催奇形性と言う副作用があるのです。

 

献血の際に、この薬を使っているかどうかを確認したとしても、その真偽を確かめる術はないですよね。

 

ですから、この薬を使っている方の血が流通してしまわないような措置として、このような対処がされているのです。

 

本来はこの薬を使ってさえいなければ、献血自体には何の問題もありません。

 


値動き