乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の人がお酒を飲んでも大丈夫ですか?

 

乾癬患者さんにとって、生活習慣を改善することは、体質を改善することにつながり、それが症状を改善していくことにつながっていきます。

 

一言で生活習慣と言っても色々なことがありますが、その中の一つに飲酒をするという習慣があります。

 

では、乾癬の人がお酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、お酒を飲むと、たいていの方は、乾癬の症状が悪化してしまうと感じているようです。

 

確かにお酒を飲むと、体を温めてしまうので、血行が良くなり過ぎて、皮膚のかゆみが増してしまうようです。

 

それで皮疹の部分をかいてしまって悪化してしまったり、掻くことによって、何でもない正常な皮膚の部分が刺激を受けてケネブル現象が起きてしまい、皮疹が他の部分に広がってしまう、などといった可能性が考えられます。

 

それでは、このような可能性を考えると、やはりお酒を飲むのは止めた方がいいのでしょうか?

 

確かに飲まないでも大丈夫な方であれば、飲まないようにする方が良いと言えます。

 

しかし、お酒好きの方にとって、禁酒をすると言うことは、相当つらいことでしょう。

 

我慢することによって、ストレスがたまってしまい、それが原因で乾癬の症状が悪化してしまう可能性だってあります。

 

そこで、どうしてもアルコールを飲みたい方は、今までより量を減らして飲む、一番良くないと言われているビールはやめて、他のお酒にすると言うような方法で、長続きするようにやってみてはいかがでしょうか。

 


値動き