乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬に効く漢方薬はありますか?

 

乾癬は、いまだ原因がはっきりとは解明されていない病気です。

 

原因がはっきりしないと言うことは、例えばB型のインフルエンザならこの薬を飲めば治ると言ったように、治療法についても必ずこれが効くと言うものがあるわけではありません。

 

したがって、乾癬の治療法は、患部に塗り薬を塗る外用療法や、飲み薬を飲む内服療法、紫外線照射による光線療法など、様々な治療方法が存在して、患者さん個人個人によって、それぞれの治療法の効果と言うのは様々に違ってきます。

 

また、乾癬は、患者さん本人の体質が関係していると考えられているために、上記のような治療法とあわせて、漢方を服用する方が非常に多くいらっしゃいます。

 

そして、この漢方も患者さん個人個人によって、劇的に症状が改善したと言う方もいれば、あまり効果が見られないと言うように、結果も様々なものとなっています。

 

ですから、一概にこの漢方薬が効くといったような確定的なことは、残念ながら言えないのです。

 

したがって、乾癬治療に使われる漢方薬といっても色々なものが使用されているのですが、一番よく使われていて、多くの方が効果を感じているのは、駆お血剤と呼ばれている種類のものです。

 

これは、血を綺麗にして、流れを良くすると言う体質に改善する効果があると言われているものです。

 

代表的な駆お血剤に桃核承気湯(とうかくじょうきとう)があります。

 

また、慢性的な炎症を抑制する効果があると言われている清熱剤や、代謝を良くする効果があると言われている代謝改善剤と言う種類のものもよく使われています。

 


値動き