乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬は人にうつりますか?

 

乾癬と言う病気は、その病気としての認知度は、日本ではまだあまり高くないので、この病気のことをよく知らない方から、とても誤解を受けやすいと言う理不尽な面もある病気でもあります。

 

特に勘違いされやすいことが、乾癬は人にうつるのではないかと思われていることです。

 

実際に「乾癬は人にうつりますか?」という疑問の声が後を絶ちません。

 

何故そのような誤解をされやすいのかと言うと、まず第一に乾癬は発疹が出る病気であるからでしょう。

 

よく知られている病気に、はしかや風疹、水疱瘡と言う病気があります。

 

これらの病気は、ご存知のように体に湿疹があらわれる病気で、人に移ると言われている病気です。

 

それは、ウイルスが原因で感染してしまう病気だからです。

 

しかし、乾癬はウイルスのような病原体が原因となって起きる病気ではありません。

 

だからこそ、これらの病気のようにワクチンを打って予防接種をすると言うことができないのです。

 

ですが、発疹が出てしまうと言うその症状から、このような病気と同じように思われてしまうため、人に移るのではないかと言う誤解を招きやすいのでしょう。

 

そして、次に乾癬と言う病気の名前が、イメージ的に良くないと言う事も誤解を受けやすい原因の一つであると言えます。

 

その語感から、「乾癬→かんせん→感染」といったようなイメージを連想させてしまい、人にうつる病気であると、間違った認識をされてしまいがちなのです。

 

乾癬は、人にうつるような病気ではありませんのでご安心下さい。

 


値動き