乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



寝具の注意点

 

実際に乾癬の症状が出てしまった場合には、寝る時にも注意しなければならないことがあります。

 

それは、寝てる時に何かをしなければならないと言うことではなくて、寝る時に使用する寝具に気を配ると言うことです。

 

私たちは寝ている時には、自分で思っている以上に、寝返りなどをしたりして結構動いています。

 

動いていると言うことは、自然と寝具とお肌がこすれてしまう機会が多くなると言うことです。

 

特に寝る時には、たくさん着込むよりも、お布団などで暖かさを保てるために、比較的薄着で寝る方が多いと思います。

 

日中の服装に細心の注意を払っているのに、夜寝ている間に寝具で何度もこすれてしまっているようでは、がっかりですよね。

 

まず、一番注意するのはシーツでしょう。

 

その上に直接横たわって寝るのですから、一番体とのこすれが起こる可能性が高いものです。

 

したがって、シーツは綿100%のものを使用するようにしてください。

 

次に上に掛けるものですが、こちらも表面の繊維が、化学製品やウール製品のものは避けるようにしましょう。

 

したがって、残念ですが、毛布はあまり好ましくはないかもしれません。

 

お布団などには、綿100%のカバーなどを掛けて使うようにしましょう。

 

そして、忘れてはいけないのは枕です。

 

こちらもお布団と同じように、必ず綿100%のカバーを掛けて使うようにしてください。

 

寝具一式を揃えるとなると、経済的に負担も大きくなってしまいますが、カバーで対応できますので、きちんと対策をしてください。

 


値動き