乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



服装の注意点

 

乾癬の症状が出てしまっている場合は、ふだんの服装にも気をつけなければいけないことがいくつかあります。

 

何故、そのようなことが必要なのでしょうか?

 

すでに乾癬の皮疹が体のどこかに見られる場合、皮疹の出ていない正常なお肌の部分に何らかの刺激が加わると、そこにまた新たな皮疹が出てしまうことがあるからです。

 

このことをケネブル現象と言います。

 

ケネブル現象は、外傷を負ってしまったり、虫に刺されたり、むだ毛の処理などといったお肌への刺激となることで起こってしまうとされています。

 

衣服などでお肌がこすれるといった些細なことでも、このケネブル現象が起きてしまう可能性があるから気をつけなければならないのです。

 

まずは、その衣服とお肌とがこすれてしまうのを最小限に防ぐために、なるべくゆったりとした、あまり衣服が体に接触しないような格好をするのが良いとされています。

 

そして、服の素材ですが、ポリエステルやナイロンなどといったような化学繊維や、お肌がチクチクと刺激を感じてしまうようなウール製品などは避けるようにしましょう。

 

特に直接お肌に触れる下着や肌着などは、綿100%の製品を身につけると良いでしょう。

 

また、どうしても人目が気になるため、長袖長ズボンなどで隠してしまうことが多くなってしまうと思います。

 

人目を気にしなくても良い時には、手足を露出させて、適度に日光にあたることができるような格好が良いとされています。

 


値動き