乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の検査

 

実際にお医者さんに行って受診をする場合には、乾癬の疑いがあると考えられた場合には、どのような検査をするのでしょうか。

 

まずは受診する科ですが、乾癬は皮膚疾患ですので、皮膚科で受診して検査をすることになります。

 

まずは今現在、皮膚がどのようになっているかということを見ながら、問診を受けつつ、患部をしっかりと見るという視診と、患部を触ってみるという触診で、皮膚の現在の状態を確かめることになります。

 

皮膚科の専門知識を持ったお医者さんであれば、問診を行って、視診・触診を行うだけで、大体正しい診断をすることができるでしょう。

 

しかし、かなり初期の状態であったり、他の病気と区別しにくいといったような場合には、皮膚生検という検査を受けることになります。

 

この検査では、患部周辺に局所麻酔をほどこして、大体5ミリ程度の皮膚を切り取ることになります。

 

そして、その切り取った皮膚の表皮や、もっと奥にある真皮がどのようになっているかということを、顕微鏡で詳しく観察します。

 

皮膚を切り取っての検査になりますので、切り取ったところは縫わなければなりません。

 

また、乾癬という診断を受けて通院して治療を行っている時には、定期的に血液検査をすることになります。

 

これは、他の病気でもそうですが、患者さんが今どのような状態にあるのかということを把握するために行われることになります。

 

判断しにくい場合を除いては、何か特別な検査が必要となるわけではないということです。

 


値動き