乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬性紅皮症

 

乾癬患者さんの中で最も多いと言われているのが、尋常性乾癬と言う種類の乾癬患者さんです。

 

その割合は、実に約9割だそうです。

 

しかし、最も一般的な乾癬だからといって、甘く見ることはできない場合があります。

 

この尋常性乾癬でできる皮疹が、症状が改善しないまま全身に広がり、なんと全身の皮膚の80%以上が紅皮症化と言われる赤くなってしまう状態になることがあります。

 

その場合、乾癬性紅皮症と呼ばれる状態になっています。

 

といっても、このような状態になってしまう割合は少ないようです。

 

数値で言うと、乾癬全体の約1%と言われています。

 

このような状態になるのは、最初の段階から紅皮症化して発症すると言うケースは極めて稀です。

 

多くの場合は、最初はただの尋常性乾癬だったのが、乾癬性紅皮症に移行してしまうと言う経過をたどります。

 

その原因については様々なものがあげられます。

 

まずは治療をせずに放置をしてしまった場合や、残念ではありますが治療が不適切であった場合や、医学的根拠のない民間療法を行ったりなどといった場合です。

 

これらの場合には、適切な処置を行わなかったため、症状が悪化して移行してしまったと言えるでしょう。

 

また、別の感染症の影響や、薬剤があわなかった場合などでも、このようになってしまうケースがあります。

 

これらの場合には、不可抗力の場合が多いので、非常に残念ですが、完全に防ぐと言うことはできません。

 


値動き