乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



爪乾癬

 

乾癬と言う病気は、皮膚の病気です。

 

したがって乾癬の症状は、全身のどこにでも現れる可能性があります。

 

それは、皮膚の一部である「爪」も例外ではありません。

 

爪の表面に症状が現れる乾癬を爪乾癬とも言います。

 

この爪乾癬を抱えている患者さんは意外と多くいます。

 

尋常性乾癬の患者さんの約2割、関節性乾癬の患者さんにおいては約8割の方が、この爪乾癬の症状が現れると言われています。

 

爪乾癬では、爪が荒れてしまったりでこぼこになってしまって変形したりして、爪切りと言う簡単な作業自体が困難になってしまいます。

 

また、酷くなった場合には爪が剥がれ落ちてしまって、一時的ではありますが、爪が無い状態になってしまうことさえあります。

 

しかも、それは両手両足で一緒に起きてしまうと言うのですから怖いものです。

 

こうなってしまう前にも、酷くならないうちに何とか症状を改善したいものですが、実は爪の乾癬と言うのは、残念ながら治療をするのが難しいとも言われています。

 

何故かと言うと、爪と言うのは爪の根元で作られていて、それが伸びてきて形成されています。

 

ですから、治療で使う薬は、本来はその爪を製造している爪母という部分に塗らなければなりません。

 

しかし、爪をご覧になればおわかりと思いますが、爪があるため直接薬を塗ることはできない構造になっています。

 

ですから、爪の付け根の部分に塗って、そこから爪母へしみ込ませると言うことになりますので、効果が現れにくいのです。

 


値動き