乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



類乾癬

 

乾癬の患者さんで最も多いのが、尋常性乾癬の患者さんで、約9割を占めると言われています。

 

この尋常性乾癬と、とてもよく似た症状が出る乾癬が、類乾癬と言う乾癬です。

 

それでは類乾癬と言うのは、どのような症状が出るのでしょうか?

 

尋常性乾癬ととてもよく似た症状と言う事で、皮膚に赤い紅斑ができて、それが白いかさぶたのような鱗屑で覆われ、それからその鱗屑がボロボロとフケのように剥がれ落ちると言う落屑が起きます。

 

よく似た症状と言うよりも、この説明を聞く限りでは、「全く同じ症状に聞こえるけど?」と言う方がほとんどでしょう。

 

どこが違うのかと言うと、皮疹の部分に集まっている白血球のタイプが違うものなのだそうです。

 

したがって、皮疹を目で見ただけでは、この類乾癬と尋常性乾癬とを区別することはできません。

 

区別するためには、詳しい検査が必要です。

 

類乾癬は、その皮疹の大きさによって、さらに大きく2種類に分けられています。

 

直径が1cmくらいの小さな皮疹ができる方を滴状類乾癬と言います。

 

そうではなく直径が5cmくらいの大きな皮疹ができる方を局面状類乾癬と言います。

 

この類乾癬では、新しい皮疹と古い皮疹が混在していると言う場合が多く見られて、古い皮疹の方の色素が沈着して、皮疹が治ったあとも、白い斑点のような白斑と言う跡が残ってしまう場合があります。

 

治療法は、どちらのタイプの乾癬なのかと言うことによって大きく違います。

 


値動き