乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



局面状類乾癬

 

乾癬と言う病気は、長期に渡って根気よく治療をしていかなければならないと言うものが多いですが、一部の種類の乾癬を除いては、通常はこの病気自体が生命にかかわるということはない病気です。

 

しかし、乾癬の中でも類乾癬と呼ばれている乾癬のうち、局面状類乾癬と言う方の乾癬は、非常に稀ではありますが、菌状息肉症という悪性リンパ腫になってしまう場合もありますので注意が必要です。

 

悪性リンパ腫と言うのは血液の癌ですので、そうなってしまった場合には、生命の危険性が出てきてしまいます。

 

類乾癬の中でも、皮疹の大きさが直径が5cmくらいの大きな皮疹が現れるものを局面状類乾癬と言います。

 

皮疹の状態は、赤く皮膚が盛り上がる紅斑ができて、それが白いかさぶたのような鱗屑で覆われて、やがてその鱗屑がフケのようにボロボロと剥がれ落ちると言う落屑が見られます。

 

見た目上の症状は、乾癬の中でも最も患者数の多い尋常性乾癬の症状と、とてもよく似ています。

 

同じ類乾癬の一種である滴状乾癬の場合は、発作的に症状が出るものが多く、適切な処置によってすぐに治ってしまうことが多いのですが、局面状類乾癬の場合には、皮疹の一部を採取して組織検査を行って、悪性でないかどうかと言う検査も行われます。

 

治療は、尋常性乾癬のように外用薬や内服薬などを使う他、その他の治療法などをあわせて、長期に渡って行っていくことになります。

 


値動き