乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



滴状乾癬

 

乾癬患者さんの中の約3%を占めると言われているのが滴状乾癬です。

 

滴状乾癬の症状と言うのは、基本的には皮膚が赤く盛り上がると言う紅斑ができて、それが白いかさぶたのような鱗屑と言うもので覆われて、やがてそれがボロボロと剥がれ落ちると言う落屑が起きる尋常性乾癬と同じものです。

 

どう区別されているのかというと、呼び名としては、尋常性乾癬の紅斑と比べると、滴状乾癬でできる皮疹は、滴のように小さいためにこう呼ばれています。

 

内部的には、尋常性乾癬とは皮疹のところに集まっている白血球のタイプが違っていて、滴状乾癬は、類乾癬と呼ばれるタイプのものになります。

 

滴状乾癬は、若い人に多く見られる乾癬で、のどや鼻、歯などといったところに、細菌に感染している部位があって、そこが悪化する時に急に全身に現れるなどと言ったことが多いです。

 

特に溶連菌感染による扁桃炎などの後に現れることがとても多くなっています。

 

その多くの場合には、抗生物質を飲むことによって、すぐに治る場合が多いです。

 

また、扁桃腺を摘出すると治るという場合もあります。

 

このように多くの場合が発作的に現れて、適切な処置をすれば長引くことなく治す事ができる事が多いのが特徴です。

 

したがって、治療も外用薬以外は、特別な治療を行わない場合も多いようです。

 

しかし、稀ではありますが、そこから尋常性乾癬へと移行してしまうケースもありますので注意が必要です。

 


値動き