乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



関節性乾癬

 

乾癬の患者さんの中でも、約9割と言う多数を占めているのが、尋常性乾癬の患者さんですが、その次に患者さんが多いとされているのが関節性乾癬です。

 

現在の日本では、乾癬患者さんのうち3〜5%くらいが、この関節性乾癬の患者さんだと言われています。

 

関節性乾癬の症状は、尋常性乾癬に見られる皮疹ができることに加えて、関節に痛みや腫れ、変形が見られると言う症状が加わります。

 

症状が現れる順序としては、通常は皮疹が現れた後に、関節の方の症状が現れることがほとんどです。

 

皮疹ができてすぐに関節の症状が現れる方もいれば、皮疹だけで尋常性乾癬だと思っていたら、10年以上経った後に関節の症状が出ると言う方もいます。

 

また、関節の症状が先に出てしまって、後から皮疹が出るという方もいます。

 

この場合は、リウマチなどの病気と勘違いされる方も多いようです。

 

しかし、関節に現れる症状はとても似てはいますが、リウマチとはまた別の病気です。

 

多くの関節性乾癬の患者さんが、病気によって爪に異常が見られることが多いのも特徴の一つです。

 

関節性乾癬の治療では、尋常性乾癬の治療のように、皮疹だけを改善すれば良いと言う訳ではありませんので、内服薬や生物学的製剤などを外用薬とあわせて使用することが多くなっています。

 

関節が変形したり、障害をきたしたりすることを防ぐためにも、できるだけ早く治療をした方が良いので、異常を感じた場合はすぐにお医者さんに診てもらう事も大切です。

 


値動き