乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



尋常性乾癬

 

一口に乾癬と言っても、実際には乾癬と言う病気には、色々な種類のものがあります。

 

乾癬患者さんの中でも最も多くの方がかかっているのが、尋常性乾癬と言う乾癬です。

 

その割合はどのくらいなのかと言いますと、実に約9割の患者さんが、この尋常性乾癬と言う乾癬だそうです。

 

そのため、普通は単に乾癬と言うと、この尋常性乾癬のことを指して使われる場合が多いです。

 

尋常性乾癬の症状は、まず皮膚が赤くなって盛り上がる紅斑ができて、その表面が白っぽい細かいかさぶたのような鱗屑と呼ばれるもので覆われる皮疹ができます。

 

そして、皮疹から鱗屑がまるでフケのようにボロボロと剥がれ落ちると言う落屑が起きます。

 

最初のうちは、肘や膝、頭などと言った外部と接触することが比較的多い部位に皮疹が出る場合が多くなります。

 

やがてその皮疹がどんどん広がって、一つ一つの皮疹が大きくなってしまったり、時には全身のいたるところにあらわれてしまう場合もあります。

 

アトピーなどのように、必ずかゆくなるというわけではなく、かゆみは人それぞれで、全くない方もいれば、酷いかゆみを伴うという方もいます。

 

この尋常性乾癬の症状は、なぜ起きるのかと言うことは、はっきりとは解明されてはいません。

 

もともとアレルギー体質の方が、何らかの原因によって免疫機能が異常に働いて、皮膚細胞が通常に比べてとても速い速度で起きてしまい、症状があらわれてしまうと考えられています。

 


値動き