乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



シクロスポリン

 

乾癬治療に使う内服薬の中の一つに、シクロスポリンと言う薬があります。

 

乾癬治療に使う内服薬は、大きく分けると、ビタミンA誘導体と免疫抑制剤と言う二種類に分類できるのですが、シクロスポリンと言う薬は、免疫抑制剤の薬です。

 

この薬は、当初は臓器移植の際に、免疫反応による拒絶反応を防ぐために使用されていました。

 

その後の研究が進んで、乾癬にも効果があると言うことがわかってきました。

 

乾癬と言う病気は、何らかの原因によって、免疫機能が異常に反応して、症状があらわれてしまう病気です。

 

ですから、シクロスポリンのような免疫機能を抑える働きのある免疫抑制剤がよく治療で使われるのです。

 

シクロスポリンは、免疫機能を抑制しますので、異常になっている免疫反応を抑えて、患部の症状を改善する効果があります。

 

乾癬治療にとっては、とても有効な薬の一つです。

 

しかし、他の薬と同じように、もちろん副作用の恐れと言うのは免れません。

 

シクロスポリンの副作用で最も気をつけなければならないのは、腎臓の機能に障害をきたす可能性があるということです。

 

したがって服用している期間中は、定期的にしっかりと血液検査を受けて、腎機能に影響が出ていないかと言う経過を見る必要があります。

 

また、血圧を上昇させると言う副作用もありますので、もともと血圧が高い人が服用する場合には細心の注意が必要です。

 

免疫抑制剤と言う種類の薬ですので、他の感染症への抵抗力が弱まるなどといった副作用も考えられます。

 


値動き