乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



レチノイド

 

乾癬治療に使用する内服薬の一つに、レチノイドという薬があります。

 

この薬は、ビタミンAとよく似ている化学構造になっていると言う、ビタミンA誘導体と呼ばれているものの一つになります。

 

乾癬の症状が出ている患部は、皮膚が赤く盛り上がったような状態になってしまいます。

 

これは、皮膚の角質細胞が異常に増殖してしまっているために起こる事です。

 

レチノイドは、この角質細胞の接着力を低下させる働きのある薬です。

 

レチノイドの効き目としては、皮膚の角質細胞の異常な増殖を抑えて、正常な皮膚の形成を促してくれる効果があります。

 

またそれだけではなく、白血球にも影響を与えて、免疫機能をも正常に近づける手助けをするとも考えられています。

 

この薬は、光線治療の一種であるリプーバ治療と併用して行うと、さらに効果が高くなるそうです。

 

しかし、やはりよく効く薬といっても良い事ばかりではありません。

 

当然、薬による副作用の心配も考えられます。

 

この薬の副作用で一番注意しなければならないのは、胎児に奇形を促す催奇形性の恐れがあります。

 

当然のことですが、妊婦さんは使うことができません。

 

そして、薬を服用している最中だけではなく、服用をやめた後、一定期間の間も、その副作用の可能性は持続します。

 

女性の方は2年間、男性の方でも半年間は、基本的には子どもができる可能性がある性行為を行わない、もしくは、しっかりと避妊しなければなりません。

 


値動き