乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



チガソン

 

乾癬治療に使われる内服薬、いわゆる飲み薬のことですが、これにも多くの種類の薬が使われています。

 

その薬の中の一つに、チガソンと言う薬があります。

 

チガソンは、ビタミンAと似たような化学構造を持つ物質である、ビタミンA誘導体と呼ばれるものの一種です。

 

この薬は外用薬に負けず劣らずの効果があると言われている、とても効果の高い飲み薬です。

 

しかし、高い効果を持つ一方、この薬にはとても重大な副作用の危険性があります。

 

それは、奇形を促すと言う効果です。

 

動物実験でも、明らかになっている副作用です。

 

例えば、高齢などの理由で、もう子どもを作ると言う予定が全くないと言う方を除いては、非常に注意しなければならない副作用です。

 

この薬を服用中、または服用をやめた後、一定期間を過ぎるまでは、性交渉を行う際には、必ず避妊をして、子どもを作らないようにしなければなりません。

 

一定期間と言うのは、女性の場合には2年間、男性の場合には半年間です。

 

服用する際には、「それに同意します」と言う同意書に署名しなければ、この薬自体を処方してもらえないようになっています。

 

また、これ以外にも色々と副作用の恐れがあります。

 

特に表れやすいのが皮膚の異常で、唇が乾燥すると言った症状は、ほとんどの方に見られる症状です。

 

唇以外にも、手足などの皮膚がかさついたり、口の中も乾燥しやすくなります。

 

人によっては、肝臓などに影響を及ぼす場合もありますので、注意が必要です。

 


値動き