乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



メトトレキサート

 

乾癬治療に使われる内服薬は、大きく分けて、ビタミンA誘導体と免疫抑制剤とに分類されます。

 

免疫抑制剤として使われる代表的な薬には、ネオーラルがありますが、これ以外の薬の中の一つにメトトレキサートと言う薬があります。

 

この薬の働きはネオーラルとほぼ同じで、免疫作用を抑制することによって、免疫が異常に反応してしまって症状を示してしまっている患部を元通りの綺麗な皮膚に戻す手助けをすると言う働きです。

 

しかし、この薬は、日本での適応はないので、一般的に使われることは少なく、大学病院などの限られた場所でしか使われてはいません。

 

この薬もネオーラルと同様に強い効果が期待できるとともに、その副作用による危険性も高くなっています。

 

代表的な副作用としては、間質性肺炎があげられます。

 

特に使い始めの初期段階での発症率が非常に高いので、注意が必要です。

 

また、免疫を抑制する効果が高いため、その分、体の抵抗力が弱まることになり、ネオーラルと同様に感染症にかかりやすくなるので、その点に十分に注意しなければなりません。

 

さらに腎臓や肝臓などと言った内臓に障害をきたしたり、頭痛や痺れ、胃腸への障害、血液成分に異常が起こる可能性もあります。

 

とても効果の高い薬である一方、このように重大な副作用の危険性がある薬ですので、服用する際には、定期的に必要な検査を受けて、経過を見て慎重に治療を行っていく必要がある薬です。

 


値動き