乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



ビタミンA誘導体

 

皮膚疾患である乾癬の治療には、塗り薬である外用薬が多く使われています。

 

しかし、乾癬治療に使われる薬と言うのは、患部に塗って使う外用薬だけではなく、例えば風邪薬のように飲む内服薬も色々とあるのです。

 

そんな飲み薬の中でも、一番多く使われる薬が、ビタミンA誘導体と呼ばれるものです。

 

このビタミンA誘導体と言うのは、薬の名前ではなく、ビタミンAと同じような化学構造を持った薬の総称です。

 

チガソンやレチノイドなどと言ったビタミンA誘導体が、乾癬治療では多く使われています。

 

ビタミンAには、細胞分化作用と、抗酸化作用があり、この薬を飲むことによって、ビタミンAの欠乏を補います。

 

また薬の種類によって、他の効果もあります。

 

しかし、ビタミンA誘導体にも副作用の心配があります。

 

その中でも一番注意しなければならない副作用が、一部のビタミンA誘導体が持つ催奇形性です。

 

この薬を服用中、さらに服用してから一定期間の間に子どもができると、その子どもが奇形になってしまうリスクが高くなると言うことです。

 

その他にも皮膚や唇などの乾燥や、内臓への影響など、種類によって、様々な副作用の危険性があります。

 

以前は保険適用外で、医療費が高額になるため、治療の選択肢としては、あまり一般的ではなかった薬が、保険が適用されるようになり、治療の選択肢として選ばれる事も増えました。

 

しかし、上にあげた通り、副作用の危険性から、外用薬による効果が無い患者さんや、症状が重い患者さんなど、安全面を第一に考えて使用されています。

 


値動き