乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



ビタミンD3外用薬

 

乾癬の治療において、塗り薬として一番多く用いられているのは、ステロイド外用薬です。

 

ステロイドは即効性があり、よく効く強い薬なのですが、副作用の心配からか、使用に関して不安を覚える方も少なくありません。

 

それでは他に良い塗り薬はないのかと言うと、ビタミンD3外用薬と言う薬があります。

 

ビタミンD3外用薬とは、その名前の通り、ビタミンDを含有した塗り薬です。

 

ビタミンDは、私たちの体内で生成される物質ですが、ビタミンD3にはビタミンと言う名前はついてはいますが、ホルモンと同じような働きをする物質です。

 

乾癬患者さんの中には、このビタミンD3が欠乏している方が多いそうです。

 

この薬の主な効果は、表皮細胞の異常な増殖を抑えると言う作用と、異常になってしまっている免疫反応を調節すると言う作用です。

 

1日1〜2回、患部に塗って使用するのが一般的な使い方です。

 

この薬にはステロイド外用薬のような即効性はありません。

 

1〜2ヶ月と言った、ある程度長期的に使うことによって、効果が出てくる薬なのです。

 

しかし、ステロイドと違って良い点は、皮膚が薄くなったり血管が浮き上がるなどといった、直接的に体に異変を及ぼすような副作用の心配がほとんどないということです。

 

副作用としては、使う人によっては、塗った時にピリピリと言った刺激を感じることがある場合があると言うことです。

 

まれに食欲不振になったり、咽の渇きや脱力感と言った全身症状が出る場合もありますので、その場合にはすぐに医師に相談しなければなりません。

 


値動き