乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



ステロイド外用薬

 

乾癬の治療には、実に様々な種類の薬が使われています。

 

中でも、患部に直接塗布する外用薬は、症状の軽い患者さんから重い患者さんまで、一番幅広く使われている薬になります。

 

そのよく使われる外用薬の中でも、最もよく使われる薬が、ステロイド外用薬です。

 

長い間乾癬治療に使われている薬で、他の皮膚疾患などでもよく使われる薬でもあるので、この薬の名前をご存知の方も多いかと思います。

 

ステロイド外用薬の主な効果は、白血球の活動や血管の拡張を抑えると言う抗炎症作用です。

 

一般的にその効き目の強さによって、5段階に分けられていて、患部の場所や症状の程度などによって使い分けます。

 

乾癬の治療には、強めのものを用いることが多いようです。

 

軟膏タイプ、クリームタイプ、ローションタイプなどの剤形があり、これも患部の場所によって使い分けます。

 

1日2回塗るのが一般的な使い方です。

 

このステロイド外用薬と言う言葉を聞いて、副作用があると言うことを思い浮かべる方も多いかと思います。

 

ただし、ステロイド外用薬に限らず、他の薬でも副作用はあります。

 

このステロイド外用薬も、長い間使い続けていると、副作用が起きる心配があります。

 

塗り続けている部位の皮膚が薄くなってしまったり、血管が浮き上がってきて出血しやすくなる、感染症にかかりやすくなる、などと言った副作用が起こる可能性があると言われています。

 

ですから、お医者さんの指示をしっかり守っての使用を心がけなければならない薬です。

 


値動き