乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬のアメリカの治療法

 

日本には、約10万人の乾癬患者さんがいると言われています。

 

しかし、もともと乾癬と言うのは、白人系に多い皮膚疾患ですので、アメリカでは約700万人もの乾癬患者さんがいると言われています。

 

言ってみれば乾癬の本場です。

 

ではこの本場とも言えるアメリカでは、どのような乾癬治療が行われているのでしょうか?

 

もちろん、アメリカにおいても外用薬や内服薬、光線療法などといった治療法の基本は、日本とさほど変わりはないのですが、体質改善を目標とした病気の原因を根本的に治療すると言う研究も盛んに行われています。

 

なかでも、ビオチンと言う物質に関する研究が進んでいます。

 

このビオチンが不足することによって、体質的に炎症を起こしやすくなっている場合には、ビオチンを摂取することによって、症状が改善できるという研究です。

 

その他にも、生物学的製剤に関しての研究も進んでいます。

 

中でもヒュミラと言う生物学的製剤の研究が盛んです。

 

以前は日本では認可されていなかったものなのですが、アメリカの乾癬患者さんの中で、絶大な効果を発揮していたもので、日本の乾癬患者さんたちからヒュミラを使いたいという要望が強く、現在は日本でも認可されていて、使うことができるようになっています。

 

しかし、効果が高い分、もちろん副作用の恐れもありますので、不安な場合は医師に相談するようにしましょう。

 

日本の何十倍もの患者さんがいるアメリカでは、日本の1歩も2歩も、いや10歩と言ってもいいくらいに、乾癬治療の研究が盛んに行われています。

 


値動き