乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬のローテーション療法

 

乾癬と言う病気には、様々な治療法があります。

 

しかし、残念ながら、どの治療法にも副作用の心配があるので複雑な状況です。

 

また、乾癬の治療は、長期的になることが多いので、長く続けていくとなると、余計に副作用の心配が大きくなります。

 

そこで、この副作用の影響を最小限にしようと取り入れられているのが、ローテーション療法と言う治療方法です。

 

ローテーション療法と言うのは、一定期間ごとに異なる治療方法に切り替えていくと言う治療方法です。

 

例えば、塗り薬を使った外用療法を半年間行い、次の半年間は、紫外線による光線療法を行います。

 

そして、また半年間外用療法を行い、次の半年間はシクロスポリンを服用する内服療法を行う、といったような感じで行います。

 

薬などによる副作用による影響は、同じものを長く使い続ければ続けるほどに、その危険性と言うのは高くなります。

 

このローテーション療法では、一定期間ごとに治療を変える事によって、治療に使用する薬も変える事になりますので、副作用のリスクを効果的に減らすことができます。

 

このローテーション療法による治療方法の順番ですが、どのような順番でも良いと言うわけではなく、同じような副作用の恐れがあるものは、連続して行わないように順番を決めます。

 

例えば上にあげた例で言うと、光線療法と内服療法に使うシクロスポリンと言う薬には、同じような副作用があるため、間に外用療法を挟む順番となっています。

 


値動き