乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の生物学的製剤

 

皮膚疾患の一つである乾癬ですが、その治療方法には色々な種類があります。

 

その中の一つに、生物学的製剤を用いる治療法があります。

 

生物学的製剤と言う名前は、聞き慣れない方が多いかもしれません。

 

一般的に体の免疫機能などにかかわるサイトカインと言う物質の働きを弱める薬を生物学的製剤と言います。

 

この薬は、私たちの体が、自身で体内で生成するたんぱく質を使って作られたものなので、飲み薬のように内服してしまうと、食べ物と同じように体によって消化されてしまいます。

 

ですから、この薬を用いる時には、点滴や注射をすることになります。

 

サイトカインとは、細胞間に情報を伝達する物質です。

 

種類は色々あるのですが、中でも免疫機能にかかわる重要なものが3種類あります。

 

乾癬の研究が進むにつれて、この3つのサイトカインが過剰に増えることによって、乾癬の症状を引き起こすのではないかと言うことが明らかになってきました。

 

そこで、この3つの働きを抑制する効果のある生物学的製剤が、乾癬治療で用いられるようになったのです。

 

現在の日本で、乾癬治療に使うことができる生物学的製剤は、3種類あるのですが、それぞれ標的とするサイトカインや投与の方法が違います。

 

いずれの生物学的製剤も治療効果が高いと言われていますが、全ての患者さんに、この治療法が適用されるわけではありません。

 

長期間の使用や、副作用による影響などがはっきりしないため、安全面を重視してのことです。

 


値動き