乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の症状

 

乾癬は、現在の日本で増えつつあるという皮膚の病気ですが、その具体的な症状というのはどのようなものなのでしょうか。

 

乾癬の症状とは言っても、乾癬の種類によって様々になっていますので、種類別にみていきましょう。

 

まずは尋常性乾癬の症状ですが、皮膚が赤く盛り上がるという紅斑が見られ、その上に白くて細かいかさぶたのような鱗屑というものができます。

 

そして、それがフケや垢のように、ボロボロと剥がれ落ちるという落屑という症状が出ます。

 

一般的に乾癬というと、全体の約9割を占める一番多い症状である、この状態を指す場合が多いです。

 

次に関節症性乾癬ですが、こちらは尋常性乾癬の症状に加えて、関節にも症状が現れます。

 

関節が腫れてしまったり、痛みを感じたり、場合によっては変形が見られたりと、広く認知されているリウマチのような症状が出ます。

 

基本的な症状の発疹が出た後に、関節の症状が出ることが多いですが、皮膚の異常が現れてからすぐに関節に症状が出る場合もあれば、何年も経ってから関節に症状が出るという場合もあり、人によって様々です。

 

次に滴状乾癬ですが、これは若い人に多く、扁桃腺などの異常の後に出ます。

 

水滴くらいの小さな発疹が、全身に急に出るのが特徴です。

 

この場合は、薬で治る場合が多いです。

 

最後に、膿疱性乾癬ですが、発疹だけではなく、発熱や悪寒などという症状を伴い、他の乾癬とは違って、必ず入院して加療しなければなりません。

 

国からの難病指定も受けています。

 


値動き