乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の紫外線療法

 

乾癬には、他の病気でも一般的に行われている塗り薬を使った外用療法や、飲み薬を使った内服療法の他に、光線を患部に当てて治療する光線療法と言う治療法があります。

 

この光線療法で使われる光線と言うのは、私たちもよく名前を耳にする紫外線のことで、紫外線療法とも言われています。

 

この紫外線療法で一番一般的に行われるのが、PUVA療法と言うものです。

 

この治療法では、まず光線に対しての感受性を良くするために、ソラレンと言う薬を飲んだり塗ったりした後、紫外線の中でもUVAと言う光線を患部に1〜2時間照射します。

 

経過を見ながら、光線を当てる頻度を減らしていって、症状の改善を目指します。

 

この治療法では、ソラレンの効果がしばらく持続するため、光線を照射した後12時間は日光に当たらないようにするなどといった注意が必要です。

 

他にはUVB療法・ナローバンドUVB療法と言う治療法があります。

 

こちらはソラレンのような他の薬を使わずに、光線を50cmくらいの距離で当てる治療法です。

 

UVBには、日焼けの原因ともなる有害なものも含まれるので、ナローバンドUVB療法の方が、安全面から行ってもより一般的に行われる治療法です。

 

PUVA療法とは違って、他の薬を使う必要がないため、簡単に行えることから、光線療法の中では増えている治療法です。

 

光線治療では、以前は全身に光線を当てる機器が一般的でしたが、現在では患部にだけ光線を当てられると言う、ターゲット型の治療器の普及により、安全面もグンと高くなりました。

 


値動き