乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の光線療法

 

皮膚疾患の一つである乾癬ですが、乾癬治療には、患部に直接塗り薬などを塗ると言った外用療法、飲み薬を飲む内服療法の他に光線療法と言う治療方法も存在します。

 

乾癬の症状が最も現れやすい、頭皮や腕など、ある程度決まった場所や範囲にある場合には、外用療法だけを行うのが一般的です。

 

しかし、症状が、例えば背中などに現れて、薬を自分で塗るのが困難になったり、症状が全身の広範囲に及んだ場合、例え手の届く所だけと言う場合でも、薬を塗ると言う作業だけでも大変な作業になってきます。

 

そういった場合には、光線を患部に当てて治療をする、光線療法を用いることが多くなります。

 

光線療法で使われる光線は、私たちもよく耳にする紫外線です。

 

「えっ?紫外線?紫外線って体に悪いものなんじゃないの?」と思う方も少なくないかもしれません。

 

しかし、紫外線の全てが有害なものであると言うわけではありません。

 

治療には、皮膚に悪い影響をなるべく与えないようなものが選んで使われます。

 

実際に紫外線には、免疫の働きを弱めると言う作用があり、乾癬のような免疫機能が異常に作用して起こってしまう病気には有効な治療の手段となるのです。

 

この光線治療には、専門の機器が必要となるため、必ず病院に入院して行うか、通院して行わなければなりません。

 

一口に光線治療と言っても、一つの治療法だけではありません。

 

使う光線の種類によって、いくつかの種類に分けられます。

 


値動き