乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の内服療法

 

皮膚疾患の一つである乾癬ですが、患部に直接薬を塗る外用療法の他にも、飲み薬を使って、体の内部から働きかける内服療法と言う治療法もあります。

 

ただし、あくまでも乾癬においての薬による治療法と言うのは、外用薬を使うのが一般的で、この外用薬を使っても症状が改善しないという場合や、関節症乾癬による関節炎を併発した場合など、内服薬を使うのは、限られた場合が多いようです。

 

と言うのも、乾癬治療に使われる内服薬には、副作用の不安を抱えたものが多いからです。

 

しかし、以前は保険適用外だった薬が、保険が適用される薬になり、治療の選択肢として選ばれることも以前に比べては増えています。

 

例えば、ビタミンA誘導体のエトレチナートと言う薬は、乾癬治療にとって有効な薬とされていますが、この薬は内服するにあたって、同意書の記入が義務付けられています。

 

なぜかと言うと、この薬には催奇形性があるからです。

 

つまりは、奇形を促す恐れがあるということです。

 

また、シクロスポリンと言う免疫抑制剤については、長期間服用し続けると、重篤な腎障害を起こしてしまうので、血液検査などを定期的に行って、細心の注意を払う必要があります。

 

このような薬は、皮膚科の先生だけではなく、他の専門医の知識や力を必要とするのが望ましいので、病院との連携や、異なる専門医の連携も必要になってきます。

 

したがって、内服薬による治療には、お医者さんとの十分な相談が必要であると言えるでしょう。

 


値動き