乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬の外用療法

 

皮膚が赤く盛り上がり、白いかさぶたのようなものがボロボロと剥がれ落ちると言う症状が多い乾癬ですが、この病気では、どのような治療が多く行われているのでしょうか?

 

乾癬は皮膚疾患の一つであるので、やはり薬を患部に塗布するなどと言った、外用療法が一番一般的に行われている基本的な治療です。

 

この外用療法で使われる塗り薬には、クリームや軟膏タイプのもの、液状タイプのものなどがあります。

 

種類としては、大きく分けて2つの種類があります。

 

一つ目はステロイド外用剤です。

 

ステロイド外用剤は、他の皮膚疾患でもよく使われている薬なので、名前をご存知の方も多いでしょう。

 

この薬はその強さによって5段階に分かれていて、皮膚の状態や、塗布する場所などによって使い分けます。

 

この薬は、主に皮膚の炎症を抑えるために使います。

 

もう一つは、ビタミンD3外用薬と言う薬です。

 

この薬は、乾癬の症状を起こしてしまっている免疫反応の異常を薬の効果によって調節して、異常な皮膚細胞の増殖を抑えると言う働きがあります。

 

一般的にこの二つの種類の薬を併用して使い、定期的に病院に通って経過を見ながら、薬の量や強さ、頻度などを調節して行くと言う治療方法が最も多い治療法になっています。

 

ただし、ステロイド外用剤には、使い続けることによっての副作用の心配がありますし、ビタミンD3外用薬は、効果が出始めるまでに1〜2ヶ月かかると言う難点もあります。

 


値動き