乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬と日光浴の関係

 

これを読んでくださっている方の中で、日頃から意識して日光浴をされている方はいるでしょうか?

 

多分、ご年配の方を除いては、ほとんどそのようにされているという方はいないのではないでしょうか。

 

日光浴というと、普通に考えて、日中の太陽が出ている時に行うものですから、学校や仕事などで忙しくて、実際にしようと思ってもなかなかできないということもあるでしょう。

 

しかし、この日光浴を行うことによって、病気を予防したり、症状が進行するのを防ぐことができるとしたらどうでしょう?

 

何とか時間を作ってでも、行いたいとは思いませんか?

 

そんな病気の一つとしてあげられるのが乾癬です。

 

全く関係のないようなことにも思えますが、実は乾癬という病気と日光浴とには、深いかかわりがあるのです。

 

何故そのようなことが言えるのかというと、日光浴をすると、私達の体内では、ビタミンDの生産が促されます。

 

日光を浴びることによって、皮膚に紫外線が当ります。

 

このことで、皮膚にある7-デヒドロコレステロールからビタミンDが作られます。

 

ビタミンDは、体内ではホルモンと同じような働きをします。

 

乾癬と関係の深い働きはと言うと、免疫系に作用するということがあげられます。

 

乾癬と言う病気は、免疫機能に異常をきたして症状が出てきますので、体内で十分な量のビタミンDが生産されるということは、病気の予防や、症状を悪化させることを防ぐということにつながっていくというわけです。

 

ビタミンDの欠乏は、乾癬だけではなく、様々な病気の予防にもなりますので、時間を作ってでも日光浴を始めてみてはいかがでしょうか。

 


値動き