乾癬の治療法・原因・症状・種類

「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」

「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」


「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」

「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」


と、悩んでいませんか?


実は、ある方法を知れば、乾癬を根本的に改善することができます。


しかも、短期間で・・・



乾癬とは?

 

あなたは、乾癬という病気をご存知ですか?

 

この病気は、主に白色人種系に多い病気ですので、日本人にはあまりなじみがないため、ご存知のない方が多いかもしれません。

 

乾癬というのは、慢性の皮膚疾患の一種です。

 

欧米では、皮膚病と言ったら、この乾癬のことを指すくらいに患者数が多い病気です。

 

先ほど日本人にはあまり馴染みがないと言いましたが、食生活の欧米化や、日常生活におけるストレスの増加など、生活習慣の変化から、近年は増加しいている傾向があります。

 

現在の日本では、約10万人ほどの患者さんがいる病気です。

 

患者さんの比率は、日本人の場合は、男性2:女性1と、男性に多く見られます。

 

また、発症時期は10代、もしくは中年期以降が多くなっています。

 

基本的な症状としては、皮膚に赤い発疹ができて、さらにその表面に白いかさぶたのようなものができて、それが垢のようにボロボロと剥がれ落ちるというものです。

 

頭皮や、膝・肘といった外部からの刺激が強い場所に現れやすくなっており、時には爪などにも出る場合もあります。

 

しかし、一口に乾癬とはいっても、その細かい症状によって、尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・滴状乾癬という4種類に分類されます。

 

中でも尋常性乾癬は、全体の約9割を占めています。

 

そのため乾癬というと、通常はこの尋常性乾癬の事を指して使われます。

 

乾癬は、その病気自体が、命に関わるといったような病気ではありません。

 


値動き